愛知県春日井市にある「愛岐トンネル(あいぎとんねる)」の紅葉を堪能してきました。

持っていった機材
・Nikon D750 + AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
・Sony α7 II + FE 24-105mm F4 G OSS

この組み合わせはレンズ交換無しで16mmという広角域から105mmの望遠域までカバーできているので、めちゃくちゃ便利なんですよ。

愛岐トンネルへ行ったルート
車→高蔵寺駅周辺の駐車場(臨時駐車場もあり)→JR中央線 高蔵寺駅 乗車→定光寺駅 下車→徒歩

JR 中央線 定光寺駅 下車したら徒歩数分です。
車では来れないので、近くの駅に車を停めて電車で来るのが良さそうです。
ちなみに名古屋駅から乗り換え無しで来ることができるので、遠方の方でもアクセスは便利です。

愛知県_春日井市_高蔵寺_181201_0010
僕は定光寺駅の隣にある高蔵寺駅から電車で来ました。
高蔵寺駅から徒歩5分少々のところに愛岐トンネルの臨時駐車場があるので、そちらを利用すると便利です。



愛知県_春日井市_高蔵寺_181201_0024
ホームでスナップを楽しむマンです。


愛知県_春日井市_高蔵寺_181201_0020
とりあえず駅のホームから高蔵寺の町並みでも撮っておきましょうか。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0029
定光寺駅から出ると庄内川に沿って下流へ行くか、上流へ行くかの二手に分かれます。
愛岐トンネルは上流にあります。
ほとんどの確率で誰かが愛岐トンネルに向かっているので、わからなくなった場合は誰かについていけば迷うことはありません。
そのうち入り口が見えてきます。

朝の片側光線でがっつり紅葉を撮るんや!と意気込んで8:30に来てみたら、まだ開門していませんでした。
9:30開門とのことです。
それでもすごい人の数です。さすが東海地方でも人気の紅葉スポットですね。
入場料として100円かかるので、準備しておくとスムーズに行けます。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0035
入場して階段と坂をのぼって廃線跡に出るとすぐにトンネルが見えます。
さすが愛岐トンネル。
垂れ幕をくぐっていざ出発です。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0041
この垂れ幕は裏側から見ると透けていて紅葉が綺麗に見えるんですよ!
さっそく愛岐トンネルならではの写真が撮れました。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0051
トンネルを抜けると竹林と紅葉がきれいなゾーン。
赤と緑が映えて綺麗な場所です。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0054
寄りで紅葉を撮ってみました。
こういう時は背景が大事です。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0056
例えばこの写真は背景に竹を一本入れたバージョンです。
これだけで結構写真のイメージが変わると思いませんか?



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0072
愛岐トンネルは庄内川沿いに続いています。
川の向こう側にある紅葉も綺麗なのです。
枝と強烈な赤色が印象的だったモミジに狙いを定めて望遠で対岸の紅葉を切り取りました。
ちなみに、よく見るとわかるのですが、道路があるのでタイミング次第では車が入ってしまいます。
車がいないところを見計らってシャッターを切るのがオススメです。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0078
2つ目のトンネルをくぐって出口付近の写真です。
人が途切れることはないので、無人のトンネル写真を撮るのは難しいですね。
平日の開門ダッシュか閉門間際ぐらいしか撮れなさそうです。ただし、トンネル内の人は全てシルエットになるので、実際そこまで気になることはなかったです。
逆に人がいることで写真に温かみが出ました。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0094
トンネルを抜けると愛岐トンネルの1番の撮影スポットといっても過言ではない大もみじ広場があります。
「三四五の大モミジ(みよいのおおもみじ)」と呼ばれるモミジの巨大な木があり、樹齢は約100年ほどです。
愛知県下最大級のものなんだそう。 かつて鉄道建設のために伐採されたものだそうですが、廃線になってからは切り株から3本の幹が生え、そこから再び成長して現在の姿になっているそうです。
見頃は過ぎてしまったようで上のほうの葉っぱがほとんどありませんでしたが、紅葉絨毯と巨木のコラボレーションは最高でした。

行きは曇っていたので、光がなくマットな写真ですが、帰りは日が射している状態でした。
その写真は下のほうに掲載しているので、合わせてご覧ください。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0117
大木を過ぎてしばらくすると、左手にちょっと上り坂になっているところがあったので、そちらへ寄り道。
水車が近くにあってそれが目印になります。

雑木林感を強く感じられるところです。
落ちている色づきの良いモミジを探して、広角レンズで森と一緒に切り取りました。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0125
どんどん歩いていきますよ。 と、言いたいのですが、所々にある紅葉は綺麗だし、展示物が結構面白いのでつい足を止めてしまってなかなか進んでいきません。

手作りの楽器とか、写真のような植物図鑑とか、ブランコとか。
他の展示物は訪れた時にぜひ触れ合ってみてください。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0128
愛岐トンネル最強の足止めスポット。
マルシェ駅に到着です。
ここでは弁当や和菓子、ビールなどなど、色々な食べ物や雑貨を買うことができます。
味ごはん弁当が売っていましたが、炊き込みご飯のことを味ごはんって言うのは愛知県もなのかな?
三重県だけだと思ってました。
味ごはん仲間の愛知県の方々、ぜひとも仲良くしましょう 笑



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0130
いい具合で空腹なので、栗おこわ弁当を食べようと思います。
栗がいかにも天然物って感じの味と食感だったのが特徴的。柔らかくて甘かったです。
良い感じに疲れて心地よいのでビール!と行きたいところですが、高蔵寺までは車を運転してきているので断念。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0131
トンネルをくぐり抜けたところにある車輪と紅葉。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0139
そしてこれが愛岐トンネルの最後のトンネルです。
長さは300m以上あります。
振り返ってみるとやっぱり紅葉が綺麗。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0145
出口に到着しました。
ここから先は岐阜県です。
300mのトンネルというのは車で行くとすぐですが、徒歩だと結構長かったです。
また、足元は線路に敷いてあった小石がそのまま残っているので懐中電灯がないと危ないです。
油断していると足元がグラグラとなってバランスが悪くなります。あとたまに石のとんがった部分が足つぼを刺激してきます。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0142
こちら側のトンネル入口はわりと地味。
このしっとり感は紅葉とまた違った良さがあります。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0150
ここでいきなりNikon D750のISO高感度の試験をしてみようと思います。
とりあえずISO3200まで上げて、トンネル内で撮影してみました。

…想像以上にノイズが少ないぞ!
撮って出しの状態で、そこそこの明るさを確保していればそれほどノイズは気になりません。
これはちょっとまた別記事で検証案件ですね。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0172
トンネルを抜けて、車輪を飛ばし、水車を飛ばし、マルシェで草餅を買って、次に撮影したのは大もみじ。
光が射し込んでいるとやっぱりイメージがだいぶ変わりますね。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0186
色々な角度や焦点距離でアプローチをかけます。 ここはロープが張られていて、木のすぐそばまでは行けないようになっているのですが、そのぶん撮影は自由が効きます。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0191
この大もみじが「三四五の大もみじ」と呼ばれているのは見る角度によって三本にも四本にも五本にも見えるからだそうです。
なるほど、たしかに見る角度によって幹の本数が違うように見えます。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0204
ちなみに大もみじ全体を写した写真はこんな感じです。
上も下もバランス良く葉っぱがある状態というのは本当に短くて、多分2・3日ぐらいなんですかね。
桜よりもタイミングがシビアな気がします。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0252
竹林ゾーンは意外とフォトジェニックなスポットが多いのです。
これもその1つで、ちょっとした橋になっているんですね。
後ろの紅葉と竹林が美しいです。
人のシルエットもまた映えますね。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0260
パシっと撮った1枚に人が入り込んでしまったのですが、何気にここで一番のお気に入りの写真が撮れました。
何が悔やまれるってこの人他人なんですよね。
こういう感じの人物写真もアリだな〜と思いました。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0271
この紅葉はめちゃくちゃ綺麗なので、光が射し込むのを待つことにしました。
その前に光がない状態の写真を掲載しておきます。
光がないと後ろの竹林と同じぐらいの明るさになってマットな写真になります。



愛知県_春日井市_愛岐トンネル群_181201_0273
光が射し込むとこんな感じ。
結構強烈です。
意外と周りの枝も日光を乱反射するので、現像処理が難しかったです。
ポイントとしてはモミジのみを明るくして、他は暗くしてしまうイメージですね。

PLフィルターがあれば葉っぱの乱反射を抑えることができるので、PLフィルターを持っている場合は装着して撮るのが良いと思います。



愛知県_春日井市_定光寺駅_181201_0282
以上、愛岐トンネルの紅葉特別公開を堪能してきました。
2018年秋の特別公開は平成30年11月23日(祝)~12月2日(日)でしたので、来年も同じぐらいの時期になると思われます。
ご参考ください。



愛知県_春日井市_高蔵寺_181201_0299
高蔵寺駅に戻ったらちょうどお昼頃でした。
駅から駐車場へ行く間に「ふたご屋」という飲食店があったので、そこで昼食をとることに。
日替わりランチは800円とリーズナブルです。



愛知県_春日井市_高蔵寺_181201_0300
本日の日替わりランチは味噌チキンカツ定食でした。
味は薄味で手作りならではの味付けです。
やわらかくて食べやすいチキンでした。

次「岡崎東公園の紅葉とライトアップを撮ってきた」に続きます。