駒込_山手0007
 
【沿線シリーズ】JR東日本 山手線一周するだけで撮影はこんなにも楽める
 
※2017年10月更新
山手線概要
区間:大崎 〜 大崎
路線距離:34.5km
駅数:29
※沿線シリーズでは内回りで紹介していきます。
 
沿線シリーズの山手線です。
やはり東京都内でも最も人気があり、有名な山手線はちょっと他とは違う特別なワクワク感がありました。

沿線に撮影スポットもたくさんあり、どこの駅もアクセス抜群なので、東京に住んでいない方でも比較的行きやすいところなのかなといった形です。





01 大崎
Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo, Japan
 
大崎_山手0004
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

なぜか大崎は山手線の行き先表示がされる駅です。
大崎止まりの電車とかたまに聞きます。
東京駅じゃないのかと驚きました。

一応なにかしらの区切りがある駅なんだろうということで大崎から紹介していくことにしました。
 
 
大崎_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
大崎駅の改札口。
東京の大きな駅は改札口が幅広でカッコイイところが多いです。
ブルーアワーで空のグラデーションが綺麗な時に誰もいない改札口とか撮ってみたいのですが、タイミングがなかなかありません。
 
02 品川
Shinagawa, Minato-ku, Tokyo, Japan
 
品川_山手0030
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

壁と天井がガラス張りにされてて近未来的な雰囲気なエスカレーターです。
観光やデートで来るとこれといって何かあるわけでもない場所ですが、撮影で来るとものすごくフォトジェニックな場所であるということがわかりました。
品川は本当にオススメの撮影ポイントです。

後で調べてわかったことなのですが、山手線の起点はどうも品川駅なんだそうです。
このエスカレーターは僕がまだ写真をはじめたての頃で東京に住む前に撮りにきたところです。
ここで撮った写真が元で街撮りにハマっていくきっかけとなりました。

山手線の起点でもある品川は僕の街撮りの起点でもあるわけです。
 
 
品川_山手0013
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

品川駅のコンコースです。
天井が高く、デジタルサイネージが連続で並べられている中をたくさんの人が規則正しく歩いていく風景はなんだか圧倒されます。

品川のおもしろ撮影スポットは品川インターシティと品川浦船着場です。
品川インターシティでは近未来的なかっこいい写真がたくさん撮れますし、品川浦船着場は昔ながらの味のある船が撮れます。

それ以外にも面白い写真撮影スポットがたくさんあるので以下の記事にまとめました。
【東京の撮影スポット】穴場 品川の写真撮影が楽しい:港区
 
 
03 田町
Tamachi, Minato-ku, Tokyo, Japan
 
田町_山手0013
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
田町は東京タワーが真正面に見えるポイントがあります。
駅からすぐの三田一丁目という交差点ですが、そこの横断歩道を渡っている途中に横を向くと写真のような景色が広がっていました。

ブルーアワーの時間帯ならばギリギリ手持ちでいけるので、サクッと撮って信号が変わらないうちに横断歩道を渡って、この場所を後にしました。
 

田町_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
田町も品川と同じくビジネス街なので基本的にあまり観光で行くようなところではありませんが...東京タワーが真正面に見えるかっこいい道路や、NEC本社ビル、東京モノレールなど被写体になるものがたくさんあります。
駅からの見晴らしがいいので、新幹線をはじめ在来線の撮影にも向いているところです。
田町の写真をもっと見る

 
04 浜松町
Hamamatsucho, Minato-ku, Tokyo, Japan
 
浜松町_世界貿易センタービル_山手0010
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
世界貿易センタービルからの夜景です。
実は世界貿易センタービルは建て替えされることが決まっています。
2017年10月現在では取り壊し自体は着手していないので、まだ展望台には行くことができます。
ただし、世界貿易センタービルと東京タワーの間に新しく建てられる世界貿易センタービルが建設中で、東京タワーがほとんど見えなくなるほどの高さまで工事が進んでいます。

都会の風景写真は行けばいつでも撮れると思い勝ちですが、都会の風景こそ変貌が早くあの景色が二度と撮れなくなってしまったということが多い気がします。

 
浜松町_世界貿易センタービル_山手0009
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
ロクに街並スナップしていないので展望台からの写真でごまかしています。

とは書いていたものの、解体された後は世界貿易センタービルからの写真は珍しくなってきそうです。
解体予定は2021年を予定しているそうなので、まだまだ先といえば先ですね。
行かれてない方は今の間に行くことをオススメします。

東京タワーが見える風景以外でも眺めは良いですし、展望台の雰囲気自体も静かで程よい暗さでとても良い雰囲気です。


東京都_港区_浜松町_0053a
浜松町駅と世界貿易センタービルを結ぶ通路から撮影したものです。
修学旅行などでこの風景は目にした方も多いのではないでしょうか?
この日は曇りでしたが、落ち着いた雰囲気の東京を撮ることができました。
東京タワーの赤みに深みが出ていて味わい深い色になっていました。



05 新橋
Shinbashi, Minato-ku, Tokyo, Japan
 
新橋_山手0009
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

新橋といえばサラリーマンの街という愛称があります。
そんな街の夜といえば、やはり飲屋街を見てみたかったので、平日の夜に繰り出しました。

近頃は汐留地区の開発もあってすっかり近代的なイメージのある新橋ですが、それ以前の新橋は小径が多く、昔からこんな感じだったんだろうなと思わせるような風景がそこにありました。
 
 
新橋_山手0010
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
こちらは大型連休中の日中です。
平日の飲屋街のにぎやかさと対照的に連休中は働いている人がほとんどおらず、びっくりするほど静かです。
東京でこれだけ人が少ないとちょっと不思議な感じがします。
★新橋の写真をもっと見る
 
06 有楽町
Yurakucho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
 
東京都_千代田区_有楽町_0273
有楽町の街並です。
銀座ともほど近いので、そちらとセットで巡ることもできます。
というか銀座の最寄駅の一つと考えても良いです。


東京都_千代田区_有楽町_0308
駅前ではソニーアクアリウム 2017が行われていました。
幅5mの巨大水槽で、ナポレオンフィッシュやニセゴイシウツボなどといった体長1mをこえる大きな魚も泳いでいます。

駅前にポンと置いてある水槽なので入場料等はいらず、誰でも気軽に立ち寄って楽しむことができます。


有楽町_山手0006
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

個人的に有楽町といえばなぜかこの像が思い浮かんでくるのでしっかりと写真に撮っておきました。
この像の人物は太田道灌といい室町時代後期の武将です。
江戸築城を行なった人物で今の東京のはじまりは彼の手によって行われたといっても過言ではありません。

武将としても学者としても優れた人物だったそうです。

 
有楽町_山手0011
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

有楽町駅のすぐそばには東京国際フォーラムがあります。
中に入っても外から撮っても面白いところです。
下の写真の床に写っている白いパネルは夜になると光ってシルエットが綺麗に浮かび上がります。

ちなみに上で紹介した太田道灌の像は東京国際フォーラムの中にあります。
 
 
07 東京
Tokyo, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
 
東京_大手町_有楽町_山手013
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

雨上がりの晴れはどこもかしこも素晴らしい雰囲気になります。
一番好きな天気はなんですか?と聞かれたら迷いなく雨上がりの晴れとか言います。

雨上がりは路面が湿っているので道路に深みのある色や綺麗な光の反射ができます。
また湿度が高いため、遠くの建物は霞んでしまいますが、それがまるで映画の世界のような雰囲気になって幻想的です。運が良ければ光芒もあらわれます。
 
 
東京_大手町_有楽町_山手003
■撮影機材
Nikon D7000 + TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)

2014年は東京駅開業100周年ということで、赤レンガ風にラッピングされた山手線車両が走っていました。
1914年というと大正3年です。
僕が幼少の頃は大正生まれの人や明治生まれの人も結構いましたが、今はかなり少なくなりました。
たまに当時の写真がネットで話題になったりしますが、あの時代の街並ってめちゃくちゃ綺麗ですね。

 
 
東京_大手町_有楽町_山手002
■撮影機材
Nikon D7000 + TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD (Model B003)

特別ラッピングされた電車を横から撮ってみました。
100年前と変わらない駅舎が今でも現役で使われているのはなんだかファンタジーな感じで良いです。
 
 
08 神田
Kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
 
神田_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

高架下からの撮影は光加減にメリハリが出て好きです。
また、ダイナミックレンジが広いカメラだからこそ、自分が思うように撮れるのかもしれません。
高架下とそうでないところの明暗差はかなりあるので、ダイナミックレンジが狭いとどっちが黒つぶれ、白飛びしてしまいます。
 
 
神田_山手0013
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

神田は夜の撮影が面白いところでした。
日中だとちょっと味気ない感じでしたが、夜は何時間でも撮っていられそうでした。
この日は「ベルボン Velbon ULTRA MAXi miniIII」という三脚を持ち歩いているのですが、これがまた小さいわりにしっかりしていて便利なんです。
レビューはまた後日...。
 
 
09 秋葉原
Akihabara, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
 
秋葉原_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

原色使いの街、秋葉原です。
街並が派手でインパクトがありますね!

秋葉原といえばメイドやアニメが人気です。
メイド喫茶は何回か行ったことがあるのですが、結構おもしろかったですよ!友達とも行けますしカップルでも行くことができます。

後はエウリアンというのがちょっと話題になってて、ポストカードを配ってるオネーサンにホイホイ付いていったら高額の絵を買わされそうになるアレですね。
実態はなんだったろう...?

今は潰れてチーズタルトの専門店かなんかの店になっています。


秋葉原_山手0037
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

秋葉原の夜景です。
日中もカラフルで派手でしたが、夜はもっとカラフルになった上に明るくて派手ですね。
ビル全体がライトアップされているので都内にある高層ビルの展望台から見ても秋葉原の周辺は明るくて目立っています。
★秋葉原の写真をもっと見る
 
 
10 御徒町
Okachimachi, Taito-ku, Tokyo, Japan
 
御徒町_山手0003
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

上野と秋葉原の間にあるのが御徒町です。
山手線は駅ごとに繁華街のようになっていてほんと都会だなと感じさせられます。
 
 
御徒町_山手0004
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

線路沿いはアメ横や飲屋街が多く、賑やかな界隈です。
特にアメ横は仕事で着ていく服だけではなく普段着もわりと安くで買えるところが多かったので、東京で服を買うといえば僕はこのあたりでよく買っていました。


写真は雪が降った後にアメ横に行く機会があったのでそこで撮影。
珍しい光景を撮ることができました。
 
 
11 上野
Ueno, Taito-ku, Tokyo, Japan
 
上野_山手0003
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

上野駅駅舎です。
磨かれた石はよく反射します。
上野駅は内部もオシャレになっているので建築好きの方はぜひとも駅舎内部も探索されることをオススメします。
 
 
上野_山手0008
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

上野から御徒町にかけてアメ横通りが続いています。
よく見ると手前の人がうまい棒を大量に持ってる...!
え?うまい棒?大好きですよ。
 
 
12 鶯谷
Uguisudani, Taito-ku, Tokyo, Japan
 
鶯谷_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

鶯谷は東京の中でもかなりディープなエリアですが、実は鉄道好きにはたまらないポイントがあったりします。
鶯谷駅の南口からすぐの橋は写真のとおり線路が何本も通っていて、電車もひっきりなしに通ります。

寝台列車が通る時などはわりと人でいっぱいになる知る人ぞ知る人気鉄道撮影ポイントだったりします。
 
 
鶯谷_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

一方で北口はディープ東京の入り口です。
ラブホ街が広がっており、夜の街として有名な吉原へは鶯谷駅が最寄駅だったりします。

★鶯谷の写真をもっと見る
 
 
13 日暮里
Nippori, Arakawa-ku, Tokyo, Japan
 
日暮里_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

日暮里は上野と同じく、千葉・茨城・埼玉方面へと鉄道網が分岐していくこともありたくさんの電車が通っていくエリアです。
写真を見てお気づきの方もいるかと思いますが、このあたりは東京都心部ではあまり見かけない踏切もあったりします。
 
 
日暮里_山手0005
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

日暮里には日暮里繊維街というところがあり、洋服・生地などが格安で売られています。
主婦や若い女性にも人気の買い物スポットです。

また隣の西日暮里駅と合わせて谷中霊園や谷中ぎんざの最寄駅であり、東京下町の雰囲気を楽しむこともできます。
 
 
14 西日暮里
Nishi nippori, Arakawa-ku, Tokyo, Japan
 
西日暮里_山手0008
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

谷中の夕焼けだんだんです。
名前のとおり夕焼けが綺麗なポイントとして人気なのですが、そういえば夕焼けした日にここに来たことってないかも...

東京は風景写真を撮る時の感覚で撮った写真が少ないので、ちょっともったいないことをしたなぁ...と東京を離れてからしみじみ思います。当たり前の存在すぎて魅力に気づいてなかった 笑

というわけでですね、今後は東京に行った時は丁寧に写真を撮っていこうと思いますよ!
 
 
西日暮里_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

歩道橋の上から見た街並が結構好きなので、僕が撮った写真街並写真は歩道橋の上から撮ったものがわりと多かったりします。
 
 
15 田端
Tabata, Kita-ku, Tokyo, Japan
 
田端_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

田端駅は東北新幹線や上越新幹線などがよく見えるところです。
街並み自体を撮ろうとすると...ここは苦戦した覚えがありますね〜。
何度行ってもしっくり来る写真が撮れなかったです。

基本的に住宅街になっているのですが、住宅街って撮るのが難しいんです。
だからといって無理な撮り方をしていたりすると不審者みたくなるので、周囲の目も結構気になります。
難易度高しな田端でした。
 
 
田端_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

こちらはホーム上で撮った一枚。
ホームドアの写り込みと奥に見える風景を入れて多重露光のような写真を撮りました。
多重露光ではなく一発撮りです。
 
 
16 駒込
Komagome, Toshima-ku, Tokyo, Japan
 
駒込_山手0007
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

山手線で唯一の踏切が駒込駅の近くにあります。
まさかあの山手線の踏切があるとは夢にも思いませんでした。

開かずの踏切ではないのか?と思いましたが、山手線だけしか走っていない踏切なのでそれほど閉まっている時間が長いわけではなく、普通の踏切といった感じですね。
 
 
駒込_山手0003
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

駒込の商店街です。
私鉄沿線の駅前のローカルな雰囲気に似ています。

山手線でも日暮里から池袋までの区間は結構マニアックな路線で、都会の喧騒からは少し離れた雰囲気がただよっています。
 
 
17 巣鴨
Sugamo, Toshima-ku, Tokyo, Japan
 
巣鴨_山手0016
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

巣鴨のこの大通りは抜けが良く、奥が霞んでいて綺麗でした。
それにしても東京は両サイドのビルが高い。
大阪・名古屋と比べても平均的なビルの高さは東京が群を抜いている気がします。
 
 
巣鴨_山手0015
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

太陽光がさしこんできて、綺麗な光加減になっていました。
 
 
18 大塚
Otsuka, Toshima-ku, Tokyo, Japan
 
大塚_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
大塚_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
19 池袋
Ikebukuro, Toshima-ku, Tokyo, Japan
 
池袋_山手005
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
池袋_山手010
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

■池袋の写真をもっと見る
 
 
20 目白
Mejiro, Toshima-ku, Tokyo, Japan
 
目白_山手001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
目白_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
21 高田馬場
Takadanobaba, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan
 
高田馬場_山手0004
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
高田馬場_山手0006
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
★高田馬場の写真をもっと見る
 
22 新大久保
Shin okubo, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan
 
新大久保_山手0005
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
新大久保_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
23 新宿
Shinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo, Japan
 
新宿山手012
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
新宿山手032
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
新宿_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
 
 
24 代々木
Yoyogi, Shibuya-ku, Tokyo, Japan
 
代々木-南新宿_160812_0084
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

代々木界隈からは新宿の高層ビルも見えます。
東京の街は低層ビルの奥に高層ビルが見える風景にどことなくSFっぽい雰囲気を感じられて面白いです。
 
 
代々木_山手0008
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

東京はちょこちょこ大雪が降ります。
この日は雪が降ったので喜んで出かけていきました。
交通機関がマヒしてしまう可能性が高いので雪の東京を撮れるのは住んでいる者の特権のような感じがします。
問題としては雪が降ったからといってどこへ行っていいかわからない...ということなので、日常風景を撮りにいきました。
 
 
25 原宿
Harajuku,
Shibuya-ku, Tokyo, Japan
 
原宿 明治神宮前_山手0007
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

原宿、竹下通りです。
ご覧のように日中は人でいっぱいになります。
あまりこの中に突っ込んでいくことはないのですが、試しに行ってみるととにかく若い人が多い!
10代が一番多いぐらいと違うかな?と思うほどです。

東京の若い街といえば渋谷が挙げられますが、原宿はもっと若い気がしますね。
クリームパフェおいしかったです^q^
 
 
原宿 明治神宮前_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

東急プラザです。
単に買い物を楽しむだけではなく、全面鏡張りの名所として知られています。
人をたくさん写すには休日のお昼前後が一番良いような感じでした。
また信号のタイミングによってもかなり人の数が変わります。
信号が変わるタイミングは早く、意外と人のたまる時間が短いので地味に難易度が高いです。
 
 
26 渋谷
Shibuya,
Shibuya-ku, Tokyo, Japan
 
渋谷_山手0003
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

日本で最も人気のあるスクランブル交差点といえば渋谷のココですね。
特に海外観光客から人気のようで、写真を撮っている人は外国の人が多いです。
一度の横断でおおよそ3000人ぐらいの通行があるとかないとか。
 
 
渋谷_山手0059
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

こちらは交差点を通過していく車を撮ろうとしたものです。
途中で人が目の前に立ったので半透明で写っています。
多重露光のようなグラフィカルな写真が簡単に撮れてしまうのも渋谷スクランブル交差点がフォトジェニックな場所としてオススメの一つです。
 
 
27 恵比寿
Ebisu,
Shibuya-ku, Tokyo, Japan
 
恵比寿_山手0003
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

今思い返すとなぜ三脚を持たずに行ってしまったの?と思う夜撮影が多々あったのですが...。
東京はとにかく軽装備で撮影したほうが楽です。
重たい三脚を持っていくと移動中に邪魔になるわ、途中で疲れてくるわで機動力の低下が激しいです。

とはいうものの、ノイズが多い夜景写真ばかりなのはちょっと悔しいですね。
こういった時はミラーレス一眼カメラがものすごく欲しくなります。ミラーレス一眼カメラは軽いため、三脚が必要な場面でも軽い三脚があれば良いので持ち運びもラクラクです。

良いカメラとは特定の機種だけに限らず、時と場合によって様々な機種に変化することを身を以て実感しました。
 
 
恵比寿_山手0002
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

恵比寿で撮れた写真の中でお気に入りなのはこの1枚だったりします。
別に何気ない階段でわりと地味な風景を撮っていただけなんですが、たまたま通りがかった通行人がおしゃれな赤いマフラーをしていたことによって一気に華やかさが増しました。

この風景の中では小さなマフラーですが、1枚の写真としてはこのマフラーの存在はものすごく大きいものでした。

★恵比寿の写真をもっと見る
 
 
28 目黒
Meguro, Shinagawa-ku, Tokyo, Japan
 
目黒_山手0004
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

東京の街路樹はイチョウが多いです。
東京のマークもイチョウの形をしているぐらいなほどです。

11月下旬から12月ごろになるとそれらのイチョウが綺麗に色づいてきます。
街中のあちこちで黄色い木を見ることができますよ。
 
 
目黒_1512142285
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

この写真は12月中旬に撮ったものです。
タイミングが良ければ見事な黄葉絨毯が撮れたと思います。
近頃の東京の紅葉は遅めなのかな?正月に真っ赤な紅葉が撮れたこともありました。
 
 
29 五反田
Gotanda, Shinagawa-ku, Tokyo, Japan
 
五反田_山手0001
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

川があると無機物だらけでガッチガチの都市風景の中に安らぎをもたらしてくれます。
日が落ちてまだ少し空が青みがかっている時間帯です。

東京の夜景を撮影するなら断然平日がオススメ。
休日はビルの明かりが少なくて案外暗いのです。
ただしマンションなど住宅に限っては平日も休日もそれほど差はありません。
 
 
五反田_山手0015
■撮影機材
Nikon D750 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

五反田駅を出ると長い坂道があります。
自転車でくだっていくと気持ちよさそうです。

その他五反田駅の近くには目黒川があり、4月になると桜がとても綺麗に咲きます。
目黒川の桜といえば中目黒や目黒のほうで見るのが人気ですが、五反田のほうでも綺麗に咲いているので、ぜひチェックしてみてください。
また、目黒川では冬にイルミネーションもやっています。
 

余談
 
「ロマンシング サ・ガ」というゲームをご存知の方もいらっしゃるでしょうか?
いきなり何を言い出すんだこいつはと思われる方もいるかもしれませんが、
ロマンシング サ・ガと山手線はそこそこの関係があったりします。

関係があるのはロマンシング サ・ガ2に出てくる七英雄というキャラクターの名前。
実は山彼らの名前は手線の駅名をもじって名付けられているんですね。
七英雄の名前は以下のとおりで駅名を逆さまにしてちょっと改良を加えているのだとか。
・ワグナス(品川)
・ノエル(上野)

・ロックブーケ(池袋)
・スービエ(恵比寿
・ダンターグ(五反田

・ボクオーン(新大久保)

・クジンシー(新宿)


ワグナスはなんだかちょっと品川の面影がだいぶ削られている感があるものの、他のメンバーはたしかに面影残していますね。

合わせて読みたい記事
 
■ブログメニュー
■山手線沿線の撮影スポット