岐阜県_山県市_円原川_0018
 
簡単に川霧が発生する岐阜県の絶景ポイント
 
円原川伏流水ともよばれており、川が地上に出てきたり地下に潜り込んでいたりしています。
朝だろうが、夕方だろうが関係なく川霧が発生しているので、川霧、光芒スポットとしても人気ですね。
霧が発生しやすいのは円原川の水が空気に比べてかなり冷たいからだと思います。

伏流水というのは地表近くを流れている川のことを良い、簡単にいってしまえば地下水に近いです。
地下水なので夏は冷たく、冬は温かく感じる...とまぁ井戸水と同じ仕組みだと思いますが、ここも同じなのかな?冬は行ったことがないのでちょっとわからないです><

とにかく夏は川霧が発生しやすいので、晴れた日であれば素晴らしい光芒も出るスポットのようです。
今回は残念ながら霧しか出ておらず、光芒とは会えなかったのですが、風景写真らしい風景写真が撮れて大満足でした。
あと、めちゃくちゃ涼しいです。今日は夏日で暑いから熱中症どうのこうのと言っているのが嘘のように感じられるレベルです。
 
 
 
霧の円原川を楽しんできた
 岐阜県_山県市_円原川_0007
まずは適当な位置に降りてみて撮影してみました。
苔が綺麗です。
奥の岩の後ろに長〜い倒木があったのですが、うまく隠して撮ることができました。
最初は奥の岩の存在が邪魔かな?と思っていたのですが、構図的にもちょうど良い大きさであり、しかも他のいらないものを隠してくれるという、有能すぎる岩でした。



岐阜県_山県市_円原川_0011
こちらは上の写真からちょっと後ろに下がったところで撮りました。
円原川は構図をちょっと変えるだけで写真のイメージがガラリと変わります。



岐阜県_山県市_円原川_0009
定番のリフレクションを狙うものの、水が綺麗すぎてリフレクションよりも川底が目立ってしまったでござるの巻。
浅いんじゃね?とも思いましたが、よく考えたらそこらへんにある水たまりよりは確実に深いので、やはりそれだけ水が綺麗なんだと思います。



岐阜県_山県市_円原川_0018
上の写真の奥らへんにこの苔ゾーンがあります。
こちらは今回の円原川で撮った写真の中で一番お気に入りの写真です。
小さな滝と苔の透明感が最高でした。



岐阜県_山県市_円原川_0019
薄曇りの中での撮影でした。
快晴であれば光芒が出る(多分このポイントは出ない?)のでしょうが、柔らかい光ならではのしっとりとした写真が撮れたので良かったです^_^



岐阜県_山県市_円原川_0021
引き上げ時がわからなかったのですが、この写真を最後に撮影を終了して引き上げてきました。

おいしいお店
 
岐阜県_本巣市_五福源
たまーにやってくる飯テロのこのコーナー。
今回は岐阜県本巣市にある中華料理屋さんです。
モレラ岐阜の側にあるので、買物ついでに立ち寄ることもできます。



岐阜県_本巣市_五福源_塩ラーメン
塩ラーメン(500円)
味はそこそこ。あっさり味で後味がすっきりしています。
食べ終わった後、素直に「あーおいしかった」と言ってしまえるラーメンでした。
今度は酢豚定食が食べたいなぁ。
 
 
 
合わせて読みたい記事
 
■最近書いたしっとり写真関連の記事
スポンサードリンク