Main_岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0073
 
岐阜西部〜三重北部の揖斐川沿いに走るローカル線
 
岐阜の魅力的なローカル線の1つに養老鉄道があります。
岐阜県の揖斐駅から三重県の桑名駅まで通っている路線です。
線路は基本的に揖斐川沿って続いていきます。周りには田んぼとか山とか、全体的にまったりとした風景の中を走っていきます。
今回の撮影地は田んぼのど真ん中。背景に積乱雲が発達しており、夏らしい雰囲気の中で撮ってきました。

養老鉄道は電車が約30分に1本しかないので、ついでで撮る場合はチャンスは 1~2本ぐらいで考えたほうが良いかもしれません。

今回の撮影時期は8月上旬の12 時~13時ぐらいです。
日差しが痛い笑
帽子は必須ですよ!
 
 
養老鉄道の写真
 
岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0057
とりあえず待ち時間は基本的に暇なので、構図の確認をしたりします。
ただ鉄道の難しいところは電車が通っていく時とそうでない時のギャップが結構あることです。そのギャップは良い方向に転ぶこともあれば悪い方向に転ぶこともあります。
だいたいギャップを受ける内容は電車の大きさとか長さですね。撮り慣れていると変わるのかな?



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0062
ちょっと引いた感じだとこういう写真になります。



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0060
だんだん構図確認も飽きてきて、そこらへんで見つけた水たまりで遊びはじめます。
積乱雲と水たまりは相性いいですね!



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0055
こちらの水たまりは電車すらも反射してくれそうなのですが、リスクの高い博打になりそうなのでやめておきました。
左の草も何気に目立ちますしね。



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0066
というわけで待ちに待った一本目。
養老鉄道はわりとゆっくり来てくれるので、いざやってきても比較的落ち着いて撮れます。



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0072
うそです。やっぱり構図難しいです。
架線の電柱と電車のくぐり具合が、わたくしを迷える子羊にしてくれます。



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0078
先ほどまで望遠よりでしたが、今度は広角よりで撮ってみました。
こちらは鉄道写真というよりも風景写真の中に溶け込んだ電車という感じになりました。
画角を変えるとイメージもずいぶんと変わります。



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0095
そして二本目は先ほどとは違って近景で撮影することにしました。
まずは構図の確認です。
かなり線路の近くまで行くことができます。というか線路までが柵もなくてラフ(笑
とはいえ自分の立っている位置から前へ行くと鉄道会社の土地になってしまうのでこのあたりが限界ですね。あまり近よりすぎても危ないし、電車が大きく写りすぎるのでこんなところでしょう!



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0100
道路を入れて撮るのも悪くないのかな?



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0107
そして待ちに待った2本目。色も車両数も違う!
なんだか近鉄っぽい車両だけども、旧車両でしょうか。
記事を書く時に調べてみたら、養老鉄道自体が近鉄の完全子会社なんだそうです。車両も2014年までは近鉄所有だったそう。



岐阜県_海津市_養老鉄道養老線_0111
電車というのは大きいもので、背景の雲が飲み込まれるように隠されていきます。
何枚か連続で撮りましたが、夏らしさを出したいので雲と電車のバランスが良さげになっているのを選びました。
スポンサードリンク