京都府_京都市_先斗町_0383  
京都の街並をAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIだけで撮ってみた

京都の街並を撮ってきました。
使用レンズはNikonの大三元レンズ「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II」一本です。
どう考えてもお散歩レンズではないのですが、写りが最高にお散歩撮影向きなんです。
そんなわけで重たすぎて途中で置いてきたくなるようなちょっと大きめの散歩レンズを使って京都の街をブラブラしてきました。
 
 
 
撮影条件

今回の京都街並撮影の時の機材や天候はこんな感じでした!

カメラ:Nikon D750
レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
天候:曇り時々雨
撮影エリア:四条・三条
最寄駅:烏丸御池・烏丸・京都市役所前・三条・祇園四条・河原町

このあたりの見所といえば
・鴨川
・先斗町
・祇園
・八坂神社
あたりでしょうか。
京都らしい街並が撮れるエリアとして自分は好きな場所です。
 
 
 
街並写真
 
鴨川
 
京都府_京都市_鴨川_0348
まずはご存知、鴨川あたりで撮った写真から貼っていきたいと思います。
四条大橋からは京都らしい風景が広がっていて人気の撮影場所です。
記念撮影をしている方もたくさんいます。
夕暮れ時になるとオープンテラスで涼みながら、食事を楽しむことができます。



京都府_京都市_鴨川_0091
こちらは四条大橋そのものの写真です。
橋を渡っている時はあまり気付きませんでしたが、見た目が日本の橋らしいです。
欄干に趣があって良いですね。



京都府_京都市_鴨川_0101
鴨川沿いを歩くと、対岸を平面的に撮ることができます。
建物もなんですが、ここは人が等間隔に並ぶことが多いのが特徴的です。



京都府_京都市_鴨川_0343
斜めに撮ると等間隔っぷりがわかりやすいかなと思います。
鴨川沿いは着物や浴衣の記念撮影地としても定番の場所ですね!



京都府_京都市_鴨川_0106
幸せの1コマ。
小雨ならではの風景です。



京都府_京都市_四条通_0324
このあたりは繁華街でもあるため、結構都会だったりします。
少し離れたところから四条大橋に向かって撮りました。
ちょうど奥の信号を渡った先が四条大橋です。



先斗町
 
京都府_京都市_先斗町_0125
先斗町(ぽんとちょう)と読むそうです。何回も行っているくせに知りませんでした。笑
このあたりの撮影ポイントとしては最も好きな場所です。



京都府_京都市_先斗町_0157
細い路地と提灯の組み合わせは最高です。
この日は曇り時々雨という悪天候でしたが、落ち着いた光加減がよく似合う素晴らしい小径です。
ただですね、夏の雨の後だと湿気がたまって蒸されそうになります。風鈴の音とかが聞こえてきて涼しげな夏のように感じるんですが、湿気が高すぎて涼しく感じるような効果はほとんどなかったです。笑
そんな環境でも何往復もしてしまうのですから、先斗町の魅力は計り知れないレベルです。



京都府_京都市_先斗町_0227
人通りが多いので、タイミングによって大きく写真の印象が変わる先斗町。
撮影に夢中になると後ろに気が回らず、往来の邪魔になってしまうので、トラブルを避けるためにもそのあたりは注意して撮影していきたいところですね。



京都府_京都市_先斗町_0214
人が近くにいる写真は風景写真よりも日常感が増します。



京都府_京都市_先斗町_0196
先斗町を歩いていくと小さな公園があります。
自販機もあるので、外での小休止にはぴったりの場所です。
先斗町は雰囲気的にローキーに仕上げることが多いのですが、ここは数少ないハイキー仕上げポイントです。
ファンタだったかマッチだったかとりあえず炭酸飲料を飲んで、ちょっとだけ涼んで撮影再開です。



京都府_京都市_先斗町_0189
意外と脇道も面白いポイントがあるのが先斗町のおもしろポイント。
そういえば、はじめてポートレートをしたのも先斗町だったっけ。夜であり、高感度に耐えられる機材でなかったこともあり、まともに撮れたのが一枚もないのですが 笑



京都府_京都市_先斗町_0383
日没時間が近くなると提灯も明かりが灯されます。
ちょうど日没真近の時間帯になると、適度な明るさと提灯の灯りがあることで、先斗町の雰囲気の良さが倍増します。
映画のような雰囲気を味わいたいなら、日没周辺の時間帯がオススメですね。



京都府_京都市_先斗町_0395
聞こえてくる会話は「○時に××も食べにくるって〜」「ここ美味しそうじゃない?」とかまぁそういう感じの食べに行く系の話が多く、そういえば本来は食べにきたりするところだったわと気付かされます。
先斗町で飲食をしたことがないので、機会があったらしてみたいですね。
特に鴨川沿いのテラスとか。



八坂神社
 
京都府_京都市_八坂神社_0297
社殿をがっつり撮りたいんだ!などといった時はやはり早朝とかに来るのがいいかなと思います。
日中だと観光客がものすごく多いですね。
写真は上を向けることで観光客が多い中でも社殿をそれっぽく撮るごまかし手法です。
なんといいますか、雲がこんな感じなので乱世の訪れとかをイメージさせる挿絵みたいになりました。



京都府_京都市_四条通_0306
今回はあくまで街並を撮るというテーマなので八坂神社から見える街並をメインで撮影しました。
奥に伸びているのは四条大通です。



京都府_京都市_四条通_0271
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIは望遠ズームレンズなのでこういう抜けの良いポイントでは大活躍でした。



京都府_京都市_四条通_0257
八坂神社に来るまでにフォトジェニックな壁があったのもポイントです。



京都府_京都市_四条通_0260
なんですかね、このポテンシャルを秘めてそうな壁は。
オプションで信号と横断歩道付きです。
 
 
 
四条大通
 
京都府_京都市_四条通_0240
四条大通りは八坂神社の前から西へ伸びている大通りです。
京都の繁華街のど真ん中をぶち抜いて行く道路で、京都に行ったことのある方のほとんどが一度は目にする道路かもしれません。



京都府_京都市_四条通_0246
四条大通り自体も撮影は面白いのですが、時々ある脇道も面白いポイントがあります。



京都府_京都市_四条通_0250
ここまで電線が多いと逆に絵になる気がします。



京都府_京都市_四条通_0336
四条大通りから見た八坂神社。



新京極
 
京都府_京都市_新京極_0432
修学旅行の定番コースの1つです。




京都府_京都市_新京極_0071
祇園祭り仕様になっていました。



京都府_京都市_新京極_0065
真ん中の提灯があると一気に京都らしい風景になりますね。



街並
 
京都府_京都市_烏丸御池_0033
烏丸御池駅のすぐ近くで見つけた建物です。



京都府_京都市_京都スナップ_0313
どこの小径だったのか覚えてないのですが、打ち水をしている女性と光加減が綺麗だったので思わず撮ってしまった1枚です。



京都府_京都市_京都スナップ_0335
京都市の人口は150万人ほどですが、それよりも多く感じるのはやはり観光客が多いということもあるのでしょうか。



京都府_京都市_府道32号_0425
夕方の大通り。



京都府_京都市_烏丸御池_0460
これだけはAF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRを使って撮っています。
あれですね、本当は祇園祭の山車を撮りたかったのに、下調べもロクにせずに来てみたら山車が動いてなくて街並スナップに切り替えたとか口が裂けても言えませんね。
7月の中旬のみ四条大通りを歩行者天国にして山車を通すのだとか。いわゆる前祭宵山(宵々山)です。
ちなみに2017年の前祭宵山の日程は
期間:7月14日~7月16日
歩行者天国:7月15日・16日の18:00~23:00、四条通の八坂神社~堀川間
場所:八坂神社・鉾町・他、中京区一帯
だったそうです。


まとめ
 
曇りの京都スナップはとても楽しめました。
実は京都の街並みを曇りの日で撮ったことがなかったので、一度撮ってみたいな〜とは思ってまして、今回それが実現できたのは嬉しかったですね!

で、撮影機材としてAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIを買ったきっかけというのが、実は広島県の鞆の浦という場所で、一緒に行った友達のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRを使って撮ってみたら、想像以上に良かったからなんですね。
風景やポートレート向けのレンズであってスナップはどうなのかな?と思ってたんですが、余裕で使えました。

ボケも綺麗だし、解像度も良い、オートフォーカスもかなり速くて正確という神レンズです。
風景やスナップでは大満足のレンズでしたが、ポートレートにも使えるかな?という期待に関しては思ったよりも使えなかったですね...><
撮影最短距離が結構長いのでモデルとの距離がある場合は別ですが、近くに寄って撮る場合はオートフォーカスが迷ったり、効かなかったりして、思うように撮れないです。

と、いう感じで強いところもあれば弱点もありますが、めちゃくちゃ良いレンズであることには変わりないです。
ちなみにこのレンズは現在新しいタイプのレンズが出ています。




その他

Portrait Session in KYOTO 2017
 
そうそう!撮影とは別に京都で行われている写真展「Portrait Session in KYOTO」も見てきましたよ。
来年もやるのかな?
実際に展示されている方やモデルさんの方も在廊されており、展示について解説を聞くこともできます。
自分はどちらかというと風景メインの撮影スタイルなので、ポートレートメインの撮影スタイルの方々の撮り方や考え方はまた違う部分もあり新鮮でした。
さらにモデルとなっている方とも話をすることができるのがポイントで、被写体になる側の意見は普段ほとんど聞ける環境にはいないので、ここでは貴重な話を聞くことができますね。

毎年開催されている写真展のようなので、来年も開催されるのが楽しみですね!



今回の飯テロ
  京都府_京都市_飯テロ新京極_0437
天丼 京極亭
新京極商店街(MOVIX京都前)にある天丼屋です。
米油であげたヘルシーで美味しい天丼です。
値段もお手頃で、揚げたての天丼が出てくるので美味しいですね!
 
店名:天丼 京極亭(テンドン キョウゴクテイ)
店舗所在地:京都府京都市中京区新京極通三条下ル桜之町406-11
電話番号:075-708-5018
営業時間:11:30~22:00
※2017年7月時点での情報です。情報は変わる可能性があります。
 
 
 
京都府_京都市_飯テロ新京極_0434
鶏の親子丼(税込700円)
唐揚げと半熟卵の天ぷら、大葉の天ぷら、生姜の天ぷら、が乗っていてご飯のバランスもよく、これだけのボリュームを食べられて700円なら大満足です。
重たいレンズを振り回しながら散歩した後だったので余計においしさが増しました。



京都府_京都市_飯テロ新京極_0435
メニュー表








スポンサードリンク