三重県_志摩市_米子浜_0021

伊勢志摩にある米子浜で天の川を撮ってきた
 
伊勢志摩、とりわけ志摩のほうは天の川が綺麗に見えるところとして知られています。
志摩に面している海は遠州灘・太平洋のため、対岸はもうアメリカとか東南アジアのほうになります。
つまり光害がほとんどないわけです。

米子浜は大王岬からもわりと近いところです。
そのかわりアクセスが悪い。死ぬほど悪い。
ただしアクセスが悪いからこそ星が綺麗に見えるところでもあります。

米子浜に降りていくには山道や岩場を歩いていくのでしっかりした靴をはいていきましょう。
スニーカーでもいけますが、水場もあるので長靴がオススメです。
また夜中は暗くて道が見えず、滑落する危険性もあるので下見をしてから行くことをオススメします。

使っていたカメラ

カメラ:Nikon D750
レンズ:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR







米子浜の写真

天の川

三重県_志摩市_米子浜_0009
ここは初めて来た場所ではないのですが、海岸に着いていつも思うことは天の川がくっきり見えるな〜ということ。
あまり方角や星の位置を把握していなくてもアレが天の川だなということはすぐにわかります。

さっそく三脚とカメラをセットして1枚撮影。
F4レンズは決して明るいレンズではないですが、天の川がはっきりと写っていました。



三重県_志摩市_米子浜_0021
だんだん空が白み始め、日の出時刻が近づいてきました。
着いたばかりの頃に比べるとかなり天の川も薄くなりましたが、この時間でもまだまだはっきり認識できるレベルで写ります。



夜明け〜日の出

三重県_志摩市_米子浜_0046
手前から奥までがっつり写る写真を久しぶりに撮れて満足です。
岩場やコンクリートは手前にあると質感がよく表現できるだけではなく、光の当たり方によっても様々な表情を見せてくれるので大好物な被写体です。



三重県_志摩市_米子浜_0085
日の出時刻が近づいてくると、少しだけ雲が出てきました。
「これは焼けるなぁ、焼けてきたなぁ」と思っていたらすでに太陽が出てきていました。
ちょうどこのぐらいの時間が朝焼けのピークでしたが、柔らかくふんわりした光具合でとても綺麗な朝焼けでした。

冬は米子浜へ降りていく山道も草がほとんどなくて歩きやすかったです。
人もちょこちょこ通っているのかな...?
久しぶりに風景写真らしい風景写真が撮れて満足でした。