三重県_紀北町_紀北燈籠祭_0166
 
No.3 きほく燈籠祭の孔雀花火と彩色千輪菊
 
数年前まで彩色千輪菊といえば三重県熊野市で開催される熊野大花火大会のものが有名でしたが、近年は三重県紀北町で開催されるきほく燈籠祭のものも人気が出てきています。
きほく燈籠祭では彩色千輪菊と同時に孔雀花火も打ち上がることが特徴で、その組み合わせが非常に美しく、迫力があるものとなっています。

そもそも彩色千輪菊って何よって話なんですが、色々な色の小さな花火が一斉に開くものをいいます。
割物花火の仲間で丸星のかわりに小割玉という小さな花火を込めた物となります。
きほく燈籠祭や熊野大花火大会では彩色千輪菊を一度にたくさん上げることで写真のように空一面に花火が広がっているように演出しています。
花火が開いているのはたった数秒間ですが、多くの人々を魅了する素晴らしい花火です。

彩色千輪菊が開く前は数カ所で閃光が起こることが特徴なので、開くタイミングを逃さないようにしたいところですね!
全体的に花火写真というのは1年目は下見程度に考え、2年目である程度撮れる、3年目でやっと本番程度で考えていくといいのだそうです。っていうことを花火を専門に撮っているカメラマンから聞きました。
今回のきほく燈籠祭の写真は実は2年目のものです。
1度同じ花火を見ているだけあって、慌てることなく冷静に撮れました。
来年はもう少しこうしたかったなというポイントだけまとめて、その通りに撮れるような構図とタイミングで撮りたいと思います。

きほく燈籠祭で打ち上がる花火は約3000発と少なめなのですが、花火のクオリティがものすごく高いので、機会があればぜひお越しください!

きほく燈籠祭で撮った他の写真はこちらからご覧いただけます。
【三重県の花火】きほく燈籠祭で上がる花火が凄すぎる件



特集記事で取り上げていただきました
 
今回の写真なのですが、ナースときどき女子 | 看護師さんのための情報サイトというWebサイトでご紹介いただきました。
名前の通り看護師さん、特に女性向けのコンテンツを扱っているサイトですが、看護師さん以外の方にもぜひともオススメしたいこのサイト。

今回、僕のきほく燈籠祭の写真と記事を取り上げていただいたのは
日本の夏といえば花火でしょ!ナースに読んでほしい花火記事特集☆という特集記事です。
全国各地の素晴らしい花火大会の紹介と、線香花火を長持ちさせる方法など色々な情報が載っています。
ぜひご覧あれ。



スポンサードリンク