東京都_港区_浜松町駅_0031
 
No.4 浜松町駅での新幹線流し撮り
 
この写真は東京タワーを撮りにいく時に降りた浜松町駅で撮ったものです。
そのときの記事がこちら。
曇りの日だからこそ東京タワーを撮りにいったのです

山手線を降りる時に、扉の外を眺めていると新幹線がさっそうと駆け抜けていきます。
曇りの日なのでF22まで絞れば1/20sぐらいまでシャッター速度を遅くできるかな?と設定。
このあたりは東京駅と品川駅の間ということもあり、新幹線の速度もそれほど早くなく、在来線と同じ感覚で流し撮りができます。
走っていく新幹線の何号車の文字も見えるので最後尾までそわそわしながら待ちます。
6号車
5号車
4号車
3号車・・・とこのあたりで扉が運良く開いたので残りの
2号車目をやりすごして
1号車目で撮れたのがこれです。
ちなみに東海道新幹線の東京方面行きの先頭車両は必ず16号車で最後尾が1号車なんだそうな。
自由席に乗る時はこの法則を覚えておくと、うっかり逆側に行ってひどい目に合わずに済みます。

で、この写真は上の連絡通路の影が新幹線に落ちているのがポイントです。
撮れるまで、この影のことはあまり意識していなかったので、ファインダーのプレビュー画面を見て想像以上に綺麗な影で驚きました。
影オシャレ(笑

流し撮りは焦点距離24mmだと1/20sぐらいが限界ですね。これ以上遅くすると左右はともかく上下のブレが気になる写真が量産されます。
その後はレンズを広角レンズに変えて何本か流し撮りを楽しんでから東京タワーを撮りにいきました。
スポンサードリンク