三重県_大台町_相津峠_161221_0163-2

 
三重県大台町と松阪市の境目にある相津峠に行ってきました。
感謝の丘という展望台があり、大台町の街並を見渡すことができるのですが条件が揃うと雲海が出ます。何年に一度ペースでしか出ないのかな...と思っていましたが、調べてみるとそうでもなさそうです。

目次
 
■写真
■アクセス方法と地図
■雲海が出る条件
■おすすめリンク


 
使用した撮影機材
 
カメラ:Nikon D750
レンズ1:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
レンズ2:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
レンズ3:AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR
三脚:Manfrotto 055XPROB 804RC2
リモコン:Nikon MC-DC2



相津峠 感謝の丘
 
三重県_大台町_相津峠_0001
まずは感謝の丘に到着して全体の感覚をつかむための1枚。
素晴らしい雲海です。



三重県_大台町_相津峠_0003
空が一番赤くなっている部分と、雲海が一番手前まで来ている部分をズームして一枚。



三重県_大台町_相津峠_0005
綺麗ではあるのですが、手前の山が大きすぎて構図に迷います。笑



三重県_大台町_相津峠_0012
日の出前に長時間露光をしました。
2分半ぐらいシャッターを開けています。
雲海が出ているものの上空は空気が済んでいるので空の赤が濃かったです。



三重県_大台町_相津峠_0078
日の出直後。
普通に撮ると太陽の部分だけ白飛びしてしまうので、Photoshopで着色しました。



三重県_大台町_相津峠_0081
このぐらいの画角(焦点距離:35mm)だと太陽の白飛びもそれほど気にならないレベルです。



三重県_大台町_相津峠_0132
太陽を入れた写真を撮るのは得意ではないので、ここからは雲海のみを撮った写真が多くなります。


三重県_大台町_相津峠_0144
光芒が綺麗です。



三重県_大台町_相津峠_0148
スマホで見るのは縦写真のほうが綺麗ですね。


三重県_大台町_相津峠_0163
日が高くなると雲海も高くなり表情が変化します。



三重県_大台町_相津峠_0164
方向を変えてもう一枚。



三重県_大台町_相津峠_161221_0163-2
あとで見返すと太陽が出てきてからのほうが雲海が手前まできていました。



相津峠_0402
ちなみに雲海がない時はこんな感じです。
とはいえ、雨が降っている日の撮影なので下のほうは雲が出て隠れていますね。



まとめ
 
全体的にはAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR一本で十分かなといったところです。
三脚は日の出5分後ぐらいまで使っていてその後は手持ちで十分な撮影でした。
引き上げたのは7:30頃ですが、8:30頃までは雲海があったと思われます。
結局この日は9:30すぎまで川の近くに霧が残っていました。



 
大台町役場前にある国道42号線の交差点「佐原」より約6km 車で15〜20分ほど

感謝の丘のすぐ側に駐車場があります。

三重県_大台町_相津峠_161221_0182
展望台入り口



三重県_大台町_相津峠_161221_0183
駐車場



 
他の地域で出る雲海と、このあたりで出る雲海の条件が異なりそうです。

一般的な雲海出現の条件
 
①湿度が高い
②前日の昼間と夜〜明け方の気温差が大きい(放射冷却)
③よく晴れた日
④風が弱い


このあたりの雲海出現の条件
 
あくまで推測です。

①湿度が高い
②前日が暖かい
③よく晴れた日
④風が弱い
⑤南風
⑥ちょっとでも良いから前日に雨

気温よりも湿度が高く、風が弱いことのほうが重要そうです。湿った空気が山の間に流れ込んでそのままそこに滞在してもらわないと雲海ができない感じですね。
そして前日の夜から風が弱く、霞み始めていないと難しそうです。

また当日霧が発生していても該当地域に注意報が出てない場合があります。この日の撮影は夜明け前ですと注意報が出ていませんでした。伊賀地方のみ濃霧注意報が出ていました。
注意報で確認するよりも道路に設置されている電光掲示板のキリ情報のほうがより確実かもしれません。

夜明け後は携帯のバッテリー切れにより確認不可...(T_T)



 
■三重県の撮影スポット


■三重県街並スナップ



■ブログメニュー