清洲城_0103

概要

織田信長が居城にした城として親しまれています!

もともと清洲城は1405年に尾張・遠江・越前守護の管領斯波義重によって築城されました。

信長が居城とするのは150年後の1555年から10年ぐらい居城としています。

その後は
・織徳同盟(織田信長と徳川家康が同盟を結んだ)
・清洲会議(本能寺の変で信長が殺され、織田家の後継者決定と領地再分配を行った会議)
など、様々なことが清洲城で行われています。

また、京鎌倉往還と伊勢街道が合流し中山道にも連絡する交通の要所であったため、関ヶ原の戦い時においても東軍側の後方拠点とされました。

車でのアクセスは清洲城の隣にある「清洲古城跡」に駐車場があります。
最寄駅はJR東海道本線の清洲駅で1.5kmほどあります。
 
ギャラリー

清洲城_0103
9:00にならないと入れないので外から...笑

清洲城_0105
雲が綺麗な朝でした。
その後はわりとすぐに曇ってきました。

清洲城_0110
久しぶりに太陽をいれた写真。
あまり暗い部分のディティールを蘇らせると色が破綻しているのでこのぐらいで。

清洲城_0114
清洲城のすぐそばを流れる五条川。
新幹線とJR東海道線が走っています。朝早くにいくと貨物列車が結構な頻度できますね!

清洲城_0131
清洲城の西側から。

清洲城_0133
織田信長公像
桶狭間への出陣時の勇ましさを感じさせます。
写真には写っていませんが側には濃姫の銅像もあり、縁結び・立身出世などをお願いするパワースポットになっているそうです。

清洲城_0136

関連リンク

■ブログメニュー