名古屋市農業センター delaふぁーむの梅_0009
 
名古屋の梅スポット「名古屋市農業センター delaふぁーむ」
 
名古屋市内にある梅の名所です。
しだれ梅が多く見頃になると観光客で賑わいます。
梅だけではなく、野菜畑や牛や鶏などといった家畜となる動物がいたり名前通り農業要素の強い施設です。写真とは関係ないですが収穫体験やふれあい体験などといったこともできるそうです。
 
アクセス
車:
駐車場有り しだれ梅祭りの時は有料(500円)
公共交通機関:
地下鉄鶴舞線「平針駅」下車→徒歩20分 または市営バス「地下鉄原」行き→「農業センター北」下車→徒歩5分
地下鉄鶴舞線「赤池」下車→徒歩20分 または名鉄バス「祐福寺」「前後」行き→「荒池」下車→徒歩6分
■営業時間
9:00〜16:30 定休日:月曜日※祝日の場合は直後の平日 年末年始(12/29〜1/3)

 
 
名古屋市農業センター delaふぁーむで撮った写真
 
名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0010
しだれ梅園の入り口を広角気味で撮りました。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0009
さきほどの写真からもう少しズームして撮影しました。
この岩の向こうには何人か観光客がいます。激混みというレベルではなくゆっくり観梅、撮影を楽しむことができました。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0008
ちょうど満開の頃に来れて良かったです。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0006
太陽と一緒に撮った1枚です。
ニコンのレンズだと太陽の光芒が綺麗に出ないのが難点か...。好みによりますがシグマのレンズは比較的太陽の光芒が綺麗に出るな〜と思います。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0005
竹林越しのしだれ梅園



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0004
この手の写真は人と人の間隔バランスがほんと難しいです。
一番左の男性の位置が惜しいところですね。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0011
やや俯瞰気味で撮影できるところがありますが、これよりカメラを上にふると奥の建物が大きく入ってしまいます。それにしてもピンクと白の梅の共演が綺麗でした。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0003
しだれ梅の撮影スタイルで一番落ち着くのは地面と一緒に写す感じなのでしょうか。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0007
背景が全部梅という豪華なシチュエーションでした。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0012
牛牧場の近くに西洋風の農業小屋っぽい建物がありました。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0001
牛牧場では牛がのんびり牧草を食べていました。
結構光り加減が綺麗でビックリしました。いっそ光芒とか出てきてくれないでしょうか。



名古屋市農業センターdelaふぁーむの梅_0002
一頭だけではなく他にも何匹かいます。



まとめ
 
しだれ梅が非常に綺麗な場所ですが、規模が大きいわけではないので風景としての梅よりもマクロ撮影の梅やメジロと梅をコラボさせて撮りたいなと思った場所でした。
真っ昼間に訪れた場所なので朝夕のような光の状態が特別綺麗だったとかそういうのはなかったのですが、時間帯や天候を変えるとまた違った雰囲気を味わえると思います。
そしてやはりこの手の施設によくある牛乳やアイスなどといった乳製品は美味しいですね〜!



おすすめリンク
 

■名古屋の撮影スポットに関連する記事


■梅に関する記事