ニッポンを撮る

Nikon D750 D7000 | DJI Phantom4Pro Plus|
風景・街並・時々ポートレートを撮影しています|ドローン撮影はじめました|
写真のご利用お気軽にご相談ください|法人・個人問わず写真の提供をさせていただいております。書籍・パンフレット・Webサイトへの掲載など様々です|

タグ:定期

岐阜県_山県市_円原川_0018
 
No.2 苔だらけの円原川
 
円原川は風景写真愛好家の間でよく知られている撮影スポットです。
この川は伏流水とよばれる、簡単にいえば地下を進んでいく川だったりします。
地下鉄みたいなイメージです。

で、地下を流れているため比較的水の温度は低くくて、気候の影響もあまり受けずに安定しています。
こうなると何が起こるかというと、地表に出てきた時の水と空気の温度差が激しくなります。
そうなると何が起こるかというと、川霧が発生するわけです!
そこに太陽の光が照らされると、光芒が出るわけですね〜。
という感じで、円原川は光芒が出やすいスポットとして人気があるわけです。なので晴れた日に行くとカメラを構えた人がたくさんいるのだとか。

で、僕も光芒大好きなので意気揚々として円原川に行ったのですが、
天候は く も り \ ( ^ o ^ ) / でした。
前日に下見までしてわざわざマンガ喫茶に泊まってまで行ったのに光芒が撮れないw
とか思ってたんですが、実際行ってみると曇りの日は光が落ち着いてて木々の緑も非常に綺麗なんです。水もめちゃくちゃ透き通ってて余分な反射もほとんどなかったですね。

で、光芒が出るポイントではなく苔があるポイントを探して見つけたのがここ。
手前から奥までずっと苔が生えている良さげな苔ポイントです。コケポって略すと無駄に語呂が良かったりします。ちなみにリフレクションポイントのことをリフポって略すとこれも無駄に語呂が良かったりします。
写真はND400フィルターをつけて1分間露光しています。光芒が出ていようが出ていまいが撮影を楽しめてしまう円原川は素晴らしいところでした。

円原川で撮った他の写真はこちらからご覧いただけます。
【岐阜の新緑】円原川に行ってきた

三重県_津市_津花火大会_170729_0241
 
【定期】お気に入りの写真紹介 はじめました
 
今回から1週間に1度
日曜日の午後6時に過去に撮った写真の中からお気に入りの1枚を紹介していくことにしました。
実は前もやってたのですが、しばらくさぼってました(苦笑

更新頻度は上げることはあっても下げることはしたくないな〜と考えてます。
同じような写真が上がってくることもあるとは思いますが、温かい目で見てあげてください。
 
No.1 津の花火大会で撮れた彩色千輪菊
 
まず1枚目のお気に入り写真は津の花火大会で撮った彩色千輪菊の写真です。
僕は三重県に住んでいながら津の花火大会は今年はじめて行ったのですが、想像以上にスケールが大きく、打ち上げられる花火も綺麗なものが多くてビックリしました!
なんで今まで行ったことなかったんだろう 笑

連続で虹色の花火が孔雀型に打ち上げられた後、まだ上がってくるな〜と思って待っていたらわっと彩色千輪が開きました。
打ち上げ場所までの距離が近いこともあって、16mmという広角レンズでも入り切らなかったです。
自分の目で見た時も視界いっぱいに広がるカラフルな花火を見ている時はまるで夢の世界にいるようでした。


津の花火大会の他の写真はこちらからご覧になれます。
【三重の花火】津花火大会が綺麗すぎる


彩色千輪菊の写真はこちらにもあります。
【三重の花火】きほく燈籠祭で上がる花火が凄すぎる件

さらに彩色千輪菊は尾鷲の花火大会と熊野の花火大会でも打ち上がるのですが、こちらはまだ記事化していないので、そのうち記事にできればなと思います。
ただなんといいますか、尾鷲は撮り直しかな...

ちなみに彩色千輪菊とはまったく関係がないのですが、花火の撮影練習としては持ってこいな花火大会が伊勢で開催されています。
競技花火なので1つ1つの花火の形がめちゃくちゃ綺麗で、クオリティが高いです!
伊勢神宮全国奉納花火大会(三重県伊勢市)

花火の現像方法も公開していたりします。
【Lightroom】花火の現像

今までのお気に入り写真の紹介はこちらからご覧いただけます。
#定期


このページのトップヘ