2016年自分が選ぶ今年の10枚
 
 
今年もあとわずかな時間となってまいりました。
最後に今年撮った写真10枚をまとめたいと思います。
 

(1)三多気の桜(三重県津市)
 
三重県_津市_三多気の桜_0294
三重県の代表的な桜名所の一つです。
国の名勝に指定され、さくら名所百選でもあります。
例年4月中旬頃に見頃を迎えます。山間部で気温が低いため平野部より遅めの開花となります。
桜の水面が非常に綺麗な場所ですが、この水面はなんと地元の方の好意であらかじめ水田を水でいっぱいにしていただいているのです。ほんとありがたい話です。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:70mm SS:1/160 F:11 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(2)舎人公園(東京都足立区)
 
21_舎人公園_雪_1601180603
この写真を撮った日は大雪が降った翌日ぐらいだったと思います。
普段は道や芝生があるのですが、この日は特別で一面が真っ白。夕暮れ時だったので空のグラデーションが綺麗でした。
青みを加えてディズニーの世界観に似た感じに仕上げてみました。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:24mm SS:1/125 F:8 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(3)光が丘公園(東京都練馬区)
 
47_東京_練馬区_光が丘公園
この日は雨が降っており、自分は石神井公園の桜を撮っている時でした。
友人から「光が丘公園がすごいことになってる!」という連絡をうけ、急遽光が丘公園へ移動。
幸いなことに石神井公園から光が丘公園は近いところなのですぐに着きました。水たまりの寿命は意外と短いのです。
光が丘公園につくと巨大な水たまりがいくつもあります。通常水たまりリフレクションは50mm以下の広角域で撮ることが多いのですが、ここの水たまりは大きいので120mmの望遠域でも綺麗に桜の反射が撮れました。さすがに光が丘公園クラスの水たまりだと街中のものよりは長く残っていそうです。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:120mm SS:1/80 F:4 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(4)熱海サンビーチ(静岡県熱海市)
 
熱海_160603_0470
熱海サンビーチのライトアップは綺麗です。写真のような感じの色合いがそのまま出てきますよ!
このライトアップ、実は世界的照明デザイナーの石井幹子さんが手がけています。
レインボーブリッジや東京タワー、姫路城、名港トリトンなどなど全国各地で照明デザインを担当されています。
熱海は日中に街並スナップするだけでも楽しいところでした。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:46mm SS:30 F:8 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5
 
 
 
(5)立雲峡(兵庫県朝来市)
 
兵庫_立雲峡_161030_0172
竹田城の雲海を撮影した後、下山する途中で撮影したものです。
霧の森の中での紅葉は自分にとって珍しいものでした。あとは普通の森とちょっと違うところが下がコケで綺麗になっていたことですね。思わぬ収穫でした。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
焦点距離:70mm SS:1/125 F:2.8 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(6)鈴鹿の森庭園(三重県鈴鹿市)
 
鈴鹿の森庭園_1603080471
ここはしだれ梅が庭いっぱいに植えられています。2014年に三重県に突然できた絶景スポットです!
撮って出しの状態でも色合い自体はこんな感じなのでパラメータをいじる項目は少ないです。
むしろ彩度に関してはちょっと落とし気味だったかな。
360度こんな感じなので何を撮っていいのかわからなくなります 笑

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:120mm SS:1/500 F:5.6 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(7)丸山千枚田(三重県熊野市)
 
丸山千枚田_0417
THE 日本の里。これほど大規模な千枚田を見られるところは日本全国でもかなり限られます。しかもこれおどの俯瞰となるとよけいに少ないです。
田植え前で水張りが行われたばかりに行きました。夕方になるとオレンジ色になるのですが、時期的に緑が綺麗なので日中のこの時間帯の写真が夕方の時よりも綺麗でした。天気も良かったので水に青空が反射していたのも良かったです。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:38mm SS:1/1000 F:8 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(8)伏見稲荷大社(京都府京都市)
 
京都_伏見稲荷_161001_0300
海外からの観光客にもトップクラスの人気を誇る伏見稲荷の千本鳥居。くぐった先は時代が変わっていそうな雰囲気があります。
スーツ姿の男性が通っていったのですかさず撮影。通常の観光とは違ってスーツ姿というところがポイントで、彼は一体どういうことを考え何を思いながらここを通っていったのでしょうか。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
焦点距離:50mm SS:1/50 F:1.8 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(9)高城山展望台(奈良県吉野町)
 
奈良_吉野町_高城山展望台_161116_0082
地元の方曰く、ここの上下のバランスが良いのは年に2〜3日だそうです。
それが土日に当たるのは数年に1回あるかないかぐらいの確率なんだそう。
この写真は平日に無理矢理行って時間の都合で日の出直後にはもう引き上げました。
夜中から撮影していましたが、ほぼ満月だったため明るい夜でした。たしかスーパームーンの翌日で21世紀中最も明るい夜の一つとなった日の撮影です。

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:70mm SS:1/30 F:8 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5 Adobe PhotoshopCS6
 
 
 
(10)四日市コンビナート(三重県四日市市)
 
四日市_鈴鹿川_160904_0069
今年最もお気に入りなのはこの写真。
四日市コンビナートを水たまりの反射と組み合わせて撮影しました。撮影場所自体はわりと工場夜景の人気スポットで、何度か通ったことはあるのですが、今まで見向きもしていなかった水たまりから偶然撮影したことによって撮れました。

三重県内で撮れたということと、まったく予想していなかったシチュエーションを発見したということと、雲と空のバランスが最高という3拍子揃いました。
ツイッターでは10000リツイート・15000いいね・表示回数147万回というものすごい拡散がされました。とても嬉しかったのですが、通知が多すぎて途中で携帯の電池が切れたのを覚えています 笑
こういったものはまた撮りたいですね〜!

カメラ:Nikon D750 レンズ:AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
焦点距離:24mm SS:1/3200 F:4 ISO:100
現像レタッチ:Adobe Lightroom5
 
 
 
 
今年は東京の街並スナップをはじめ、途中からは三重県に引っ越して三重をはじめとした東海・関西地方の絶景を撮り歩きました。
ちょっと変わったところでは三重県の街並や奈良・和歌山など関西地方の街並も撮影したことでしょうか。

来年も色々な場所で色々な写真が撮れたらなと思います。
自分の中では写真ってスタンプラリー的な楽しみ方をしている面もわりとありますので。メジャーなところからマイナーなところまで楽しみたいですね!
とりあえず九州に行きたいです。

それでは皆さま、良いお年を〜!
 
 
■ブログメニュー